よこあずメモ

最近は月々の支払いの記事がメインのブログです。

長引く咳にご用心!「咳喘息」は突然に。

f:id:yokoazu:20190102083214p:plain

※本記事のテーマである咳喘息の症状や体験には個人差があります。

本記事は自分自身の体験を元に執筆していますので、あらかじめご了承願います。

 

だんだんと寒くなってきて季節柄、咳をしている人が増えて来ました。

みなさんの周りでは咳が長引いている人はいないでしょうか。

以前勤めていた職場で突然咳こむようになり、その後1か月以上咳が続いている方がいました。

ノーマスクでずっと咳をしているのでなんだか怖いなぁ・・・と思っていたのですが、ある時ついに上司がその方に「あまり咳が続くようなら病院へ」と声掛けをしました。

その後咳の原因が発覚し、咳の原因は風邪や単なるのどの不調ではなく咳喘息であることがわかりました。

 

当時は咳喘息?何それ?という感じでしたが、私も去年突然咳喘息にかかり、長引く咳は他人事ではないことを実感しました。

咳喘息の症状が出始めた時のことは今でも鮮明に覚えていて、去年の冬、仕事帰りに出かけた後に少し咳込むようになりました。

普段風邪を引いても咳は出ないので不安になり、当時の会社の近くの病院で薬をもらって良くなるのを待っていました。

 

その時から喘息疑惑があったので、飲み薬や貼り薬・吸入薬などが処方され、早く良くなればいいなあと特に気にすることもなく処方薬を使用していました。

しかし、それでも数日咳が続き、鈍感な私でもこれはおかしいと気付いた時には既に手遅れでした。

どうやら処方された吸入薬が合わなかったらしく、一気に体調が悪化し、風邪のような怠さなども出てきて起き上がることもしんどくなっていました。

急激な体調の悪化により珍しく1週間ほどすべての仕事を休んで自宅でひたすら寝込む状態となり、体調が悪すぎて食事もできず、寝込んでいた期間はほぼ水分のみで過ごしていました。

 

ずっと横になっていると平衡感覚がおかしくなるので、少し起き上がるだけでめまいのような状態になり本当につらかったです。

なんとか短時間なら起き上がることができるようになってから近所の呼吸器科を受診したところ、すぐに咳喘息だと診断されました。

 

咳喘息は診断され辛いとは聞きますが、あっという間に診断結果が出て驚きました。

今まで咳で苦しんだことがなく、親族にも喘息持ちはいません。

そのため、なぜ私が喘息に・・・?と思いましたが、近所の呼吸器科で処方された薬を飲んで保湿と安静に努めた結果2~3週間ほどで徐々に症状が治まって行きました。

 

咳喘息はこのようなことが原因と言われています。

※原因の一例です。

・ハウスダスト(アレルギー)

・季節の変わり目

・ストレス

・タバコの煙

・過労

 

咳喘息は誰でもなる可能性があるため、咳が長引いたらすぐに病院へ行きましょう。

そして、処方されたお薬などが合わなかった場合、遠慮せずに薬を変えてもらうか病院を変えましょう。

どんな病気でもそうですが、病は突然やって来るため早期発見と対策が大切です。

 

これから年末に向けてクリスマスなど楽しいことがたくさんある時期になるので、体調管理を徹底して楽しく1年を締めくくりたいですね。

 

ブログランキングに参加しています。 

 

にほんブログ村 OL日記ブログ 30代OLへ
にほんブログ村
一人暮らしランキング
30歳代ランキング